働く女性は時間が無い!家事を効率化するコツを公開

時短して働きながらでもしっかり家事!

洗濯も見直せば時短できる

下洗いは楽にできる

ドロ汚れや食べこぼしなどがついてしまった服は、洗濯機だけではなかなか落とせないことがあります。
そのため、洗濯機に入れる前に下洗いをする必要があるのですが、これが結構な時間のロスになることがあります。
この下洗いを時短できる魔法のようなグッズがあるんです。

それは、酵素系の漂白剤です。
なんでも使える便利な漂白剤ですが、洗濯でもその力を発揮できるんです。
下洗いが必要だな、と思うものも洗濯機に入れて、洗剤と一緒にスプーン1杯分の酵素系漂白剤を入れるだけで、下洗いをしたのと同じ効果を得ることができます。
酵素系漂白剤は、黄ばみや血液、ワインなどのしみまでなんでも落とすことができる万能な漂白剤です。
白系の服は白さがキープされますし、汚れにくくなるのでおすすめです。

洗濯機の設定を見直してみよう

あなたは、普段洗濯機の設定をどのようにしていますか?
なんとなくいつもの設定で、おまかせコースでいいかな、なんて思っていませんか?
もちろんそれでも良いのですが、時短したいと思ったら、洗濯機の設定をちょっと見直してみましょう。

洗濯機にもよりますが、洗濯自体にかかる時間は40~50分程度と言われています。
洗いとすすぎには15~20分、脱水自体は5~10分というような初期設定がされていることがほとんどです。
この設定がターゲットにしているのが、ある程度大きな汚れが付いている場合です。
よっぽどのことがなければ、私たちの普段の服はそれほどの洗いやすすぎは必要ないのです。
ですから、すすぎ1回のモードや洗剤を使ったり、脱水の時間を短くしたりと、時短する方法はたくさんあります。
夜の内に設定し、朝起きてから干せば、帰ってくる頃には全て乾いているので効率的になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る